【雑学】フライドポテトは間違い!?正しい言い方は。。。ちょっとしたジャンクフード豆知識

 

 

 

こんにちは。

 

 

ハンバーガーのサイドメニューと言えば欠かせないのが『フライドポテト』。

 

 

 

YUNAMI FACTORYでも通常のフライドポテトとカーリーフライの2種類でフライドポテトを販売していますが、実は『フライドポテト』と言う呼び方は日本でしか通じない和製英語と言うのをご存知でしたでしょうか?

 

 

 

 

実はジャンクフードの本場アメリカではフライドポテトとは呼ばず、『フレンチフライズ』(French fries)と言います。

 

 

『アメリカなのになぜフレンチ?』と疑問に思うと思いますが、その背景には諸説ありますが、17世紀頃にベルギーでジャガイモを揚げて食べていた事が起源だという説があります。

 

 

そのおおよそ100年後にフランスでジャガイモが一般的に普及する様になり、ジャガイモを揚げた料理(現在のフレンチフライに近いもの)が広がりました。

 

 

その後、なぜ『フレンチフライ』と呼ばれる様になったのかは諸説あるみたいですが、アメリカ人兵士がフランスの現地で食べたフライドポテトを『フレンチフライ』と呼んだことから広まったと言う説があります。

 

 

その後世界中にフレンチフライを広めたのはアメリカで、マクドナルドなどのハンバーガーチェーンの普及が大きな影響をもたらしたのは間違いないです。

 

 

 

日本ではなぜ『フライドポテト』と言うネーミングで浸透していったかはわかりませんが、その方が分かりやすかったからかもしれないですね。

 

 

その名前で普及しているので、それはそれで全然いいと思います。

 

 

 

食べ物の歴史を紐解いていくととても面白いです。

 

 

 

 

YUNAMI FACTORYでご提供しているフレンチフライズは、

 

『シューストリング』¥200

 

『カーリーフライ』¥200

 

 

の2種類で販売しています。

 

 

ハンバーガーやホットドッグと合わせてのご注文だと¥50割引でお得です!

 

 

 

ご来店の際にはぜひお召し上がりください♪

 

 

 

 

 

あわせて読みたい記事